ダイヤモンドゲーム

ダイヤモンドゲーム 基本情報

ダイヤモンドゲーム ダイヤモンドゲーム
プレイ人数 2~4人程度(ゲームの種類によっては6人)
対象年齢 4歳から
プレイ時間 10~30分

ダイヤモンドゲームのルール

ダイヤモンドゲームとはダイヤモンドのように尖った三角形の陣地が6つ描かれたボードを使い、手持ちの15個の駒をプレーヤーが順番に移動させ、一番先に移動し終わったプレーヤーが勝ちとなるゲームです。

通常陣地は赤、青、黄の3色に色分けされ、3人でプレーします。それぞれの陣地内に陣地の色と同じ色の駒を15個並べたらゲーム開始です。青、赤、黄の順番にプレーし、陣地の向かい側にある同じ色のコーナーにすべての駒を移動し終わるまでプレーします。ルールは至って簡単で、相手の陣地に入ってはいけない相手の駒は1つ分だけ飛び越えることができる(2つ続いている時は不可)、といったこと位です。

特に分厚いマニュアルや攻略本を読まなくてもすぐに始められるので、家族や友達どうしで遊ぶのに良いと思います。

ただ、駒を紛失するとゲームに支障が生じるので、要注意ですね。

基本的な戦い方

ダイヤモンドゲームの最も基本的な戦略は、相手の駒を利用しながら、自分の駒をすばやく陣地にいれられるようなルートを見つけることです。

ポイントは相手の駒を飛び越して移動することです。

相手の駒を飛び越しながら移動すれば、一歩一歩動いていくよりもはるかに速く駒を自分の陣営にいれることができます。

ただ、相手プレイヤーもそれを見越して駒を動かしてきます。

そのためダイヤモンドゲームに勝つためは、他のプレイヤーがあなたへの妨害として動かした駒が、自分の駒にとって有利になるようにあらかじめ駒を動かしていなければなりません。

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。