トランプゲーム「七並べ」の亜種!殺しの七並べ

殺しの七並べ……物騒なネーミングとは裏腹に

3人以上で集まると必ずやるのがテーブルゲームの定番、トランプです。

そんなトランプゲームの中でも断トツに盛り上がるのが「殺しの七並べ」です。

殺しの七並べルール

囲んでカードを殺していく!

このゲームは名前にもあるとおり「七並べ」をベースとしていますが、大きく異なる点があります。

このゲームでは四方を壁(スペードより上、クローバーより下、Aより左、キングより右が壁になります)またはカードに囲まれたカードは「殺された」ことになります。

また複数の札が長方形で囲まれている場合、その札の数が9枚以下ならそのすべてが殺されます。

このルールにより、カードが次々と殺されていきます。

殺された札は手札から取り除かれます。

カードの出し方

七並べとは既に出ているカードに隣あっている場所にしかカードを出すことができませんが、殺しの七並べは斜めにカードが接している状態でもカードを出すことができます。

自分の手番における札がない場合にはパスしなければなりません。

あがりの方法と集計

自分の手番に手札がなくなったら、あがりとなります。手札が全部殺されてしまっても、自分の手番が来るまではあがりとなりません。

全てのプレイヤーがあがりとなった時点でゲーム終了です。

殺されたカードを一番多く持っている人が負けになります。

七並べから格段に面白くなった殺しの七並べ

他に気を取られているとどんどん殺されてしまうので、スリルがあってとても面白いのです。

カードが殺されるたび「また殺された~」などと盛り上がるのでおすすめです。傍から聞いている人には物騒なゲームかもしれませんが(笑)

外部リンク

こちらのウェブサイトもおすすめです!殺しの七並べについて詳しく説明されていますよ!

とくにs-jimaさんのサイトでは実際にコンピュータと殺しの七並べを遊ぶことができます(^^)/

あわせて読みたい