ブラフ (ボードゲーム) 

ブラフなのか?でたらめなのか?

ブラフはプレイヤーが出したサイコロの目をあてるゲームです。

黒いカップの中でサイコロを転がすので、自分が出したサイコロの目は他のプレイヤーに知られませんが、他のプレイヤーの出目を知るすべもありません。

その中で、「この中には3が出たサイコロが8つある!」と順番に宣言しながら、全体のサイコロの目の数を予想していきます。

となりのプレイヤーの宣言は本気なのかブラフなのか?そんなことを考えながら自分も何か口に出さなければならない……。

サイコロしかいじっていないのに、なぜかハラハラドキドキするゲームです!

ブラフ 基本情報

BLUFF ブラフ
発売元 F.X.SCHMID社
プレイ人数 2~6人
対象年齢 12歳以上

ブラフの基本ルール

各プレイヤーはサイコロ5つとそれを降るカップを持つ。

サイコロには1~5の目と、どの数としても扱える☆の目がある。

中央に専用のボードを置いてゲームスタート!

全員がカップでサイコロを振り、自分の分だけ出目を確認する。

親からサイコロの目を宣言する(例えば「2が出たサイコロがここに8個以上ある」など)。

親から順に出目を予想していくが、親以降のプレイヤーは、①予想を上げる、②直前の予想に対して「ブラフ」を宣言するのどちらか一方を選ぶ。

予想を上げて、「振り直し」をすることもできる。

この際、選んだサイコロを公開して、残りをふりなおしてもよい。

例えば、「この中には2が出たサイコロが12個以上ある」と宣言し、実際に手持ちのサイコロの中から2の出たサイコロや☆の出たサイコロを出して、残りをふりなおすなど。

「ブラフ」の宣言があった時点で、全員のサイコロを開示し、確認する。

宣言の個数以上の場合は、ブラフが失敗し宣言した者の負け、個数未満ではブラフの成功で宣言された者の負け、となる。

負けたプレイヤーは、宣言と実際の個数の差分だけ、自分のサイコロを失う。

手持ちのサイコロの数が減った状態で、次のラウンドを行う。

自分のサイコロを全部失うと、ゲームから抜けなければならない。

最後の1人になるまで勝負を続ける。

基本戦術

特定のサイコロの目が出る確率は1/6ではあるが、どの数としても扱える☆があるため、1/3(2/6)の確率で特定の数字のサイコロの目がでていることになる。

例えば全部でサイコロが30個の時には、平均して「1が10個」と予想できる。

ゲーム開始直後はそれぞれが宣言する予想が、大きなヒントになる。

全員がサイコロを30個もっている中で、「3が12個」と平均値である10個より多い個数を言ったプレイヤーは、3を多めに持っているかも知れないし、そう思わせるブラフかもしれない。

この心理戦を制しながら、相手のブラフを読取り、自分の宣言を通さねばならない。

あわせて読みたい